保活の手順

生まれ月ごとの保活スケジュールを解説!いつから保活すればいいの?

うまれ月ごとの保活

保活はどのようなスケジュールで進めていけばいいのでしょうか?

この記事は

  • もうすぐ出産、あるいは子供が産まれたばかりで、近いうちに仕事復帰を考えている
  • いつから保活を始めたらいいのかを知りたい

という方に向けて解説しています。

年度初めの入園を目指す場合を想定して、生まれ月ごとの保活スケジュールについてまとめてみました。

保活予定の方は是非ともご覧下さい。

もし、保活難易度がまだ良く分からないという場合は、こちらの記事からご覧ください。 

保活の始め方
保活の始め方を徹底解説!保育園の種類や事前に確認すべきことは?保活の始め方についてお悩みですか? この記事では保活を始めるにあたって知っていたほうが良い、保育園の種類や申込み時期、保育園が決まるまでの流れについて保活を6回経験した私が徹底解説します。 保活をこれから始める方はぜひご覧ください。 ...

まず、お子さんが何歳児クラスなのか確認しましょう

保活の難易度が高めの場合は、年度初めの0歳児入園目指すことになります。

その場合、お子さんの生まれ月によって保活スケジュールが変わってきます。

まず自分の子供が何歳児クラスなのかを確認しましょう。

2022年(令和4年)4月入園の場合

0歳児クラス 2021年4月2日〜2022年4月1日生まれ
1歳児クラス 2020年4月2日〜2021年4月1日生まれ
2歳児クラス 2019年4月2日〜2020年4月1日生まれ
3歳児クラス 2018年4月2日〜2019年4月1日生まれ

保育園に入れたい年の4月1日のときの年齢によって決まると覚えれば大丈夫です。

0歳児さんの場合は、保育園によって生後何か月以降に入れるかが異なります。

4~6月生まれのお子さんの保活は有利

4月、5月、6月生まれのお子さんは比較的ゆとりを持って保活できます。

夏ぐらいから、案内を入手し、必要な書類を確認しておき、希望する保育園を選び、見学を始め、申込みは11〜12月になります。

余裕を持ちたい方は妊娠中に下調べしておくと、更に余裕が持てます。

4〜6月生まれの保活のメリットとしては

  •  子供が1歳近くになるまで一緒にいられる。
  • 出産後の保活に余裕がある。

ということが挙げられます。

4〜6月生まれの保活のデメリット

  •  (育休後早く復帰したい人にとっては) 育休復帰期間までの期間が長くなる

ということが挙げられます。

7〜9月生まれのお子さんの保活をする場合は、妊娠中の準備がベター

7月、8月、9月生まれのお子さんの場合は、妊娠中にあらかじめ見学を済ませておくのがいいかもしれません。

出産直後で体に負担のある時期に保活するのは大変です。

妊娠中に保育園見学して保育園を決めておく、必要書類を把握しておく

出産(7〜9月)

11〜12月に申し込み

という流れになります。

10〜12月生まれのお子さんの保活をする場合は妊娠中の準備がマスト

10月、11月、12月生まれのお子さんの保活は妊娠中にほとんど済ませておく必要があります。特にこの時期の方は、出産時期と新年度の保育園の申し込みが重なるので大変です。

ご両親などに代理で申し込み書類を提出してもらってもいいかもしれません。ただし、申し込み書類は、締切よりも早めの時期(できれば申し込み開始時期)に一度役所で見てもらい、不備がないかどうか確認すると良いので、申し込み書類のことを十分に理解している人でないといけません。

ですので、スケジュールとしては

妊娠中に保活(書類を提出できる状態まで準備しておく)

出産前後に申し込み(両親などに代理で申し込みをお願いすることも検討)

という流れになります。

1〜3月生まれ (早生まれ) のお子さんの場合

1月、2月、3月生まれ(早生まれ)のお子さんの場合は、0歳児で預けられる保育園が限られているので、保活の難易度は高いです。

1歳からの復帰が可能であればそれで良いですが、0歳からでないと保育園に預けられないほどの保活激戦区に住んでいて、確実に子供を預けて仕事復帰したい場合は、早い月齢から子供預けることになります。

スケジュールとしては、妊娠中に保活から申し込みまでのすべてを済ませておくことになりますね。

1〜3月生まれの保活のメリット

  •  早く復帰したい人にとってはいいかもしれません

1〜3月生まれの保活のデメリット

  • 生後3ヶ月未満の赤ちゃんを預けられる保育園は限られているので、候補となる保育園は少なくなります。
  • 育休中に子供と過ごす時間が短めになります。

生まれ月ごとの保活のスケジュールまとめ

  • 4〜6月生まれは保活に有利
  • 11〜12月の保育園の申し込み時期に出産が重なる場合は、ご両親などに代理での申請をお願いすることも検討してみては
  •  保活激戦区において、早生まれは不利

すべての生まれ月を網羅してみたのですが、実際に私が経験しているのは2パターンのみですので、もし追加でこんなことがあったなどのコメントがありましたら、是非ともお待ちしております!!!

これから出産・保活を迎えられるママ・プレママさんたちが安心して保活に取り組めるように、提供する情報を日々更新していきたいと思います!

保活の次のステップ(ステップ③)は、点数の稼ぎ方です。下記の記事に進んでください。

保育園の点数の稼ぎ方
保活の裏ワザってあるの?点数稼ぎの方法を徹底解説!住んでいるところが都市部で、保活激戦区だったらどうすればいいでしょうか? 希望の認可保育園に入るには、何としても点数を稼いだり、減...

その他の保活情報についてはこちらの記事にすべてのリンクがありますので参考にしてみてください。

保活の手順
【保活の手順】2022年4月からの保育園入園を考えている方へ保活の手順についてお悩みですか?この記事では、保活の手順を1から解説しています。保活予定の方は是非ご覧ください。...